ポリリン酸での液体歯磨きによるステイン除去効果

コーヒーや紅茶、あるいはタバコなどによるステインはなかなか除去することができませんよね。これらのしつこい歯の汚れは、一度沈着してしまうと、一般的な歯磨き粉では落とすことが難しくなります。そこで活用したいのが、ステインを除去する効果の高いオーラルグッズですね。とりわけポリリン酸は、ステインを落とす上で有効であるという話をよく耳にすることかと思います。ここではそんなポリリン酸のステイン除去効果について、他のグッズと比べながら詳しく解説します。

ポリリン酸配合の歯磨き粉のステイン除去効果

ポリリン酸が配合された歯磨き粉は、特別な成分が配合されていない歯磨き粉と比べると、ステイン除去効果が高いといえます。これはポリリン酸という物質が、歯の表面に付着しているステインを効果的に落とすのに有用だからです。ですから、歯の表面に着色汚れが付きやすい人は、一般的な歯磨き粉からポリリン酸配合の歯磨き粉に切り替えてみましょう。ステイン除去効果を実感するだけでなく、その後もステインが付きにくい状態を維持できるようになることかと思います。

研磨剤が含まれている歯磨き粉との比較

歯磨き粉の中には、ホワイトニング効果を謳った商品が市販されていますが、その多くは研磨剤によるものです。具体的には水酸化アルミニウムや炭酸カルシウムなどの成分が研磨剤として作用します。これらの成分は、ステインを除去する効果が非常に高いため、ポリリン酸よりも歯を白くする効果も優れているといえます。その一方で、研磨作用が強すぎると、エナメル質まで削ってしまうことになるので、歯にダメージを与えるリスクが生じます。ですから、研磨剤が含まれた歯磨き粉は、使用方法に十分注意しなければならないでしょう。

ポリリン酸であれれば、研磨剤のような強い作用はありませんので、歯にダメージを与えるリスクも低いです。

どんな人が使うとより効果的?

ポリリン酸が配合された歯磨き粉は、ステインが沈着しやすい人にお勧めです。例えば毎日コーヒーを何倍も飲んだり、カレーや麻婆豆腐のような着色性の強い食品をよく口にしたりする人には、ポリリン酸が効果的に働きます。

また、人によっては、特に着色性の強い飲食物を口にしていなくても、すぐにステインが沈着してしまうケースがあります。これは歯の性質が人それぞれで大きく異なることなので、何ら不思議なことではありません。そういった人にも、ポリリン酸配合の歯磨きはお勧めといえます。

子供も使っても大丈夫?

ポリリン酸が配合された歯磨き粉やポリリン酸を使った歯のホワイトニングに、特別な制限はありません。ですから子供であっても、ポリリン酸を使ったオーラルケアを行うことは可能です。ただ、子供の歯というのは、発育途中にありますので、特別な薬剤や器具を使うのはあまりお勧めできません。例えステインが付着しやすいケースでも、子供であれば通常のオーラルケアで対応することが望ましいといえます。

ポリリン酸配合のオーラルグッズは歯磨き粉以外にどんなものが売られている?

ポリリン酸を配合したオーラルグッズには、デンタルリンスがあります。デンタルリンスとはうがい薬のようなもので、口に含み、口腔内全体に薬液を行き渡らせることで、ステインの除去を促進します。デンタルリンスはいわゆる液体歯磨きです、うがいをした後に歯磨きを行います。デンタルリンスはステインが再度付着するのを防ぐ作用も期待できます。

最近のポリリン酸配合の商品ですとポリグリンという物をみかけました。

まとめ

ポリリン酸にはステイン除去効果が期待できますが、研磨剤を使用した歯磨き粉ほど強いものではありません。あくまで、普段の歯磨きよりもステイン除去効果を高めるという意味で活用することをお勧めします。副作用もほとんどない物質ですので、気軽に活用してみましょう。